新型コロナウイルス対策の中で紹介があったすぐれたマニュアル

中学生の勉強 ゼロからの特別進学プログラム    
発行周期 不定期              
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんにちは、石嶌之広です。

今日の朝は、さわやかな風が吹き、ずっと外でゆっくりしていたいと思う朝でした。

このところ1日おきぐらいにポカポカと暖かな日があります、先週は最高気温30度を超えた、暑い日もありました。

もうすぐ夏です。


今回は新型コロナウイルス対策の中で紹介があったすぐれたマニュアルについてです。


新型コロナウィルス対策では、多くの資料を見ることになりました。

その中でも、色々な予防に関する指示書であるマニュアルがつくられたと思います。


会社や学校など特定の団体で配布されたもの、お店独自でポスターにして掲示したもの。

マニュアルというのは、まさに、即「知行合一」の教材ですね。

学習塾をやっていますので、この教材を、とても関心を持ってみています。


その中で、教育関係の方から紹介があった一つのマニュアルが、本当にいいなあと思いました。


それは、陸上自衛隊の作成した資料です。


陸上自衛隊は、ダイヤモンド・プリンセス号で延2700名の隊員を送り込みましたが、一人も感染者を出すことがありませんでした。


その陸上自衛隊が作成した教育資料です。

covid19-kyouiku



内容的には、多くの方が知っている内容ばかりです。特別なノウハウはありません。

しかし、そこには、教材として優れているところがいくつもあります。


その中の一つが、「最重要内容を冒頭にもってくること」「その内容を何度も繰り返していること」です。


私たちが、普段、学びの課題としている英語や数学では


「be動詞の分を疑問文にするときは、be動詞を主語の前にもってくる」や

「分子に項が2つ以上あるときはかっこをつける」


などを、このスキルが必要なときは、例題が変わるたびに、毎回、声を出してリピートするようにして「確かな学び」を実現するようにしています。


同じようなことをどこの塾でもやっています。



この教育資料では、それをやっています。



すぐれた教材が、すぐれた結果を導きます。




この陸上自衛隊が作成した教育資料は


本当に厳しい現場で「誰も感染しない」を成しえた知見を教材にしたものです。


すぐれた教材だと思います。




良い教材を選ぶこと、そしてそれをトコトン使い実行すること。


そうすることで、すぐれた結果を出すことができるということですね。




今回は、以上です。



今回紹介した資料ダウンロード

https://study054.com/c19-k